【攻略】アナログ時計を使った止め打ちで、回転率は千円あたり100回転超え!!【エキサイトレディー2(ニューギン)】

【攻略】アナログ時計を使った止め打ちで、回転率は千円あたり100回転超え!!【エキサイトレディー2(ニューギン)】

はじめに

虚心坦懐のGoing Underground、第53回。

 


 

今回は、1995頃のお話。

パチスロは4号機時代で、Aタイプが主流であった。技術介入『リプレイハズシ』を世に浸透させた名機「クランキーコンドル(ユニバーサル)」と兄弟機「スーパーモグモグ(ECJ)」が登場。リプレイハズシを駆使することで設定1でも機械割が100%を超えた。また、大量リーチ目タイプの「ダイバーズXX(山佐)」「ピンクパンサー(山佐)」やマイアミサウンドマシーンのサウンドが流れる「ビーチガール(オリンピア)」、音と光で完全告知する「ザンガス(大東音響)」などもこの頃の台。虚心は専ら、チェリー前兆が付いていて、なぜか不思議なことに連チャンしまくった「ビガー(パル工業)」に夢中だった()

パチンコは、保留連や数珠連タイプが禁止された直後。CR機は確変1/3の2回ループタイプが主流になり、「CRフィーバービーチ(SANKYO)(※本機は確変突入4/13)CRバトルヒーローV(大一)」「CR冒険島(三洋)」「CRコマコマ俱楽部3(豊丸)」などがヒットした。現金機は時短機がメインとなり、1/3で次回まで時短となる「ダンスダンス2(大一)」「ビバシティー(西陣)」、時短継続率が高めの「夢幻伝説(京楽)」「フィーバー忍NIN絵巻SP(SANKYO)」「すーぱー福の神(奥村)」なども人気となった。また、「トリプルキング(三星)」のオーバー入賞しまくるアタッカーの凄さには驚愕したものだ()。一方、ハネモノも豊作の年で「ファインプレー(マルホン)」「ヘブンブリッジ(西陣)」なども登場し長く愛された。

そして、「エキサイトレディー2(ニューギン)も颯爽とホールに登場した。

「エキサイトレディー2」とは!?

大当り確率1/2231回の大当り出玉は約2300個で、大当り後には必ず50回転の時短に突入する、現金機の時短デジパチ

攻略法の内容

通常時、電チュー開放のための小デジタルの停止時間は29.8秒であったため、下受け皿にアナログ時計を置き、秒針30秒を目安に34発打ち出すことで、電チューの開放タイミングを狙うことができた。

当時は、電チュー賞球7個であったこともあり、釘状況にもよるが千円で100回転以上回すことが可能であった。

時間効率が非常に悪いという欠点こそあったが、千円で確率分母以上を回せたこともあり、ちょいちょいお世話になった。

攻略法の出所は!?

前年に登場した「花百景(西陣)(リンク)と同様の攻略ネタ。さらに、「エキサイトレディー2」は通常時から狙えたため、こちらの方が美味しかった。当時多かったラッキーナンバー制のホールなら、一度無制限ナンバーで当てれば、ほぼ終日持ち玉で遊技できるという利点も大きかった。

美味しい機種が多すぎた…!?

もちろん、この攻略法も使ってはいたのだが、次第にスルーや電チュー周りの釘が、チョウセイ……じゃなかった、妖精さんの魔力が働いたのか渋めに…()

当時は、パチスロの「クランキーコンドル」がリプレイハズシで設定1でも機械割105%ほどあり、「パチパチスタジアム(SANKYO)」「ビバシティー」などの電サポの止め打ちでも、もりもり増やせた。さらに、「ヘブンブリッジ」のV狙いなどの攻略ネタも入ってきていたため、「エキサイトレディー2」を果敢に狙うことは、次第になくなっていった。

その後、「エキサイトレディー2」同様の攻略の使える「セブンショック」なども登場したが、電チューまでの動線が長く、「エキサイトレディー2」ほどの効果は見込めなかった。そうこうして、気がつくと、この機種自体、ホールから姿を消していた。

それから数年後、虚心は「キャバクラ」と呼ばれる遊技場にて、新入店の「エキサイトレディー」に夢中になっていた()

パチマガスロマガTV新着情報

アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー