伝統の「自力感」は健在! 大都技研の人気シリーズ最新作!!【タイラの新台語りタイ!秘宝伝 解き放たれた女神編】

伝統の「自力感」は健在! 大都技研の人気シリーズ最新作!!【タイラの新台語りタイ!秘宝伝 解き放たれた女神編】

個人としても待ちわびていたシリーズ!

今回ご紹介するのは、人気シリーズ『秘宝伝』の最新作。その名も『秘宝伝 解き放たれた女神』! 6号機としては、スピンオフ作品であるクレアの秘宝伝がすでに登場していますが、本家としては今作が初。そして、実は個人的にも最新作の登場を待ちわびていた1台でもあります。

というのも、わたくしタイラ、人生で初めて打ったパチスロが4号機の初代『秘宝伝』。初心者ながら、自力感たっぷりの「高確率」に胸を熱くした日々……そのおかげでパチスロにハマったと言えるわけで。我が人生を変えた機種と言っても過言ではありません。

そんな思い入れの強い自分から見て、果たして今作はどうなのか…。ズバリ、「これぞ秘宝伝!」と思えるような、自力感たっぷりなゲーム性は健在! 試打した第一印象は非常に良好でございました。というわけで、その魅力をサクッとご紹介していきます。

①ボーナス後は必ずCZに突入!

まず、通常時の初当りとしてボーナス当選を目指すのが基本の流れ。初代秘宝伝は4号機のストック機だったので、ボーナスの連チャンで出玉を増やしましたが、本機は6号機のAT機。ボーナスはあくまでもATの入口に過ぎません。

ただ、本機の特徴はボーナス後に必ず「伝説ロード」と呼ばれるCZに突入するところ。このCZが歴代の秘宝伝を思い出させるような自力感のあるCZになっています!

伝説ロード中は、継続に関わってくる内部モードの「伝説モード」あり。そして、伝説モードにはショートとロングが存在。滞在中はモード転落までATを高確率で抽選し、AT「秘宝チャンス」→「伝説ロード」→「秘宝チャンス」→……のようなループ性があります。

うーむ、実に秘宝伝らしい!

②押し順がカギを握る自力AT「秘宝チャンス」

そして、AT「秘宝チャンス」も自力感たっぷり。基本のゲーム数は10Gですが、消化中は高確率で「GOLD(ゴールド)」と呼ばれる状態に突入。その間はゲーム数減算がストップし、ベルナビ回数管理のATとなります。

そして、このGOLD中はベルのナビがとても大事! 第1停止リールの場所に応じて宝箱が開き、3つ(左・中・右)すべて開くことができれば、改めてGOLDを獲得し再突入という流れになります。

押し順ナビのヒキによって、バランスよく宝箱を開けることでGOLD自体がループ! そして、GOLD終了後は、残りのATゲーム数でGOLD再突入を狙う……と、この流れで秘宝チャンスのロング継続を目指します。

押し順ナビでの勝負は、自力系パチスロの中でも個人的に好きなシステム。完全にヤラセや出来レースがないのが実感できて良いんですよね。

③シリーズ2作目『秘宝伝 封じられた女神』復刻!?

AT「秘宝チャンス」中は出玉を獲得するのはもちろんのこと、それ以外にも宝箱を開ける度にポイントを獲得。終了時にはその獲得ポイントに応じてメーターゲージが貯まります。そして、ゲージがMAXになると、さらなるチャンス到来。いくつか恩恵がありますが、なかでも目指すべき恩恵の一つがシリーズ伝統の「高確率」です!

先ほど紹介したCZ「伝説ロード」も秘宝伝らしい自力CZでしたが、本シリーズといえばやっぱりコレ!

今作では期待度約70%となり、上位CZのような立ち位置になりました。そして、成功時の恩恵はこれまた上位ATといえる「秘宝ラッシュ」です。

秘宝ラッシュは、シリーズ2作目である『秘宝伝 封じられた女神』を継承! 差枚数管理型のATにこそなりましたが、レア小役で上乗せ抽選を行うことに加え、ボーナスもダブルで抽選。上乗せ演出をはじめとした各演出も当時を知っている人からすれば、かなり懐かしいものになっています。もちろん上乗せ性能の高さは健在! さらに差枚数管理になったことで、頻繁に大量上乗せも見られる気持ちいいATになっています。

「秘宝伝」好きには納得のデキ!!

というわけで、少なくとも自分のように秘宝伝シリーズが好きという方は楽しめるんじゃないかと思います。加えて、伝説ロード→AT「秘宝チャンス」→AT「秘宝ラッシュ」の流れは、6号機でいまだに評価の高い『HEY!鏡』の出玉の流れに似ているように感じました(CZ→AT→ゲージ蓄積で上位AT)。そんなわけで、ゲーム性も広く受け入れられそうな印象

間もなく完全6号機時代に突入する中、まさに「鉄板!」な機種かもしれませんよ!


アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヵ月
  • 総合

新台導入カレンダー