【編集部コラム】ALL設定バトルの闇 Kちゃん 第11回

【編集部コラム】ALL設定バトルの闇 Kちゃん 第11回

スロマガの小話シリーズ その6

こんにちは。

今回はタイトルにもあるよう、ALL設定バトルについて!

ご存知の方も多いとは思いますが、スロマガでず~っと連載されてきたいわゆる長寿企画ですね。

あ、パチマガスロマガFREEでも不定期連載中ですが、今回はあくまで誌面の頃のハナシ。

 

この企画の趣旨としては、設定1~6を1台づつ用意して、6人の打ち手(設定は知らされていない)がいずれかの台を終日打ち、周りの挙動を含めたその結果から設定を当てるというもの。

ページ上には実戦データと、それに伴う実戦の流れや設定予想などが書かれた原稿が掲載されておりました。

 

「各設定の挙動は如何に!?」「設定を的中することが出来るのか!?」といった、いかにも読み手に有意義な内容でっせ~…的なキャッチが踊っていたりもしましたが、実は。

この企画が誕生した理由は、初代担当の私欲そのもの。

「あ~、設定6打ちてぇな~。せや! 雑誌の企画でお店に設定6打たせてもらお! ただ設定6バトルだとやりすぎだから…オール設定バトルでどや!?(天才)」

高設定、中でも設定6を打つ大チャンスを、仕事と称して、労せずに得たかっただけ…というのは、あまり知られていないかもしれませんねぇ笑。

まぁ動機が何であれ、まごうことなき人気企画になったのだから、結果的には大成功だったと言えるのですが。

 

で、自分もず~っと昔に、この企画に関わっていたコトがあるのですが、まぁ色々とありました。

なにぶん随分前のことなのでうろ覚えなのですが、今回は書ける範囲で「この企画でキモを冷やしたネタ」をふたつ、ご紹介しましょ~!

 

 

5号機の某ユニバ系ART機でのこと

地域毎のルールやホールの懐事情などもあり、ここ最近は店舗での実戦がほとんど出来ず、メーカーショールームや編集部所有の実機での実戦が多かったALL設定バトル。

以前は必ずホールで行われていました。

実戦させていただくホールには、当然ですが対象機種に設定1~6を1台ずつ入れてもらい、事前にバトルのメンバーが打つ用の、6台分の台番号を教えてもらってました(設定は閉店時に教えてもらう)。

たとえば「当日は001~006番台が対象となっておりますので、そちらにお座りください」といった感じ。

この場合、001~006番台は朝イチの時点でスロマガ専用台として押さえられており、(大変申し訳ないのですが)一般の方は打てない状況なのです。

 

ただ、過去に一度だけ開店時に台が押さえられておらず、一般開放されてしまっていたことがありまして…。

実際、シマには設定1~6が投入されていたのでしょうけど「開店時に台を押さえていただく」という旨が伝わっていなかったのです(もちろんそのホール様に非は一切ございません)。

当日、自分たちが到着すると、そのシマの何台かには他のお客様が座り、すでに打ち出している状態。

当然、退いていただくことなど出来るはずもなく、結局そのまま全員トンボ帰り。

 

結局、数日後に再度実戦させていただいたので事なきを得ましたが、あと何日か締め切りが早かったら…と考えると、今でもゾッとしますね~。

あ、別に機種名は隠す必要ないですね。

たしか赤ドン…でしたかねぇ。

4号機の某ユニバ系AT機でのこと

4号機のAT機は、メインROMで小役やボーナスの抽選、サブ基板でATの抽選を行っており、中には(違法なのか合法なのかはわかりませんが)メインの設定とサブの設定を別々にセットできる機種もありました。

これが何を意味するかと言うと、たとえばボーナス確率は設定6だけどAT確率は設定1、みたいな事も可能だったということです。

当時は「なんと36段階設定が可能!」なんて騒がれたこともありましたね~。

 

で、これを踏まえ、某ユニバ系AT機でバトルを行った時のこと。

実戦後にお店から設定を伝えられると、設定6を打った方が「いやいや、あれは絶対に6じゃない!」と言い出したのです。

機種の仕様は忘れましたが、おそらくすでに解析値は出ており、ヒキ云々で説明できるような挙動ではなかったのでしょう。

ボーナスはたくさん当たったけど、ATはサッパリ…といった感じでしょうか。

 

で、後日。

色々と調べるとやはりメインとサブで設定が違った模様(理由はご想像にお任せします)。

ただ、この不自然すぎるデータを「設定6」と謳うことは出来ないし、もう一度実践する時間的猶予もない。

苦し紛れにスロマガが出した結論は…

「この機種は設定差が大きすぎてモロバレなので、今回は特別にメインの設定を1~6、サブの設定を1(3だったかな?)に固定して実戦すっぞ! この状況で設定を当ててナンボじゃボケェ!」

というムチャクチャなもの(実際、サブの設定が固定されていたかどうかも定かではない)。

 

約20年超しのカミングアウト。

時効ということでお許しください。

どの機種だったか分かる方はかなりのマニア。

あなたがスロマガ王です。

分からないけどどうしても知りたい! という奇特な方は、お手数ですがバックナンバーを片っ端から漁ってみて下さい笑

ではまた!

 

ライター紹介

  • Kちゃん
    編集部
    Kちゃん
    以前はスロマガ編集部に在籍し、副編や編集長を経るも、今ではライター・和泉氏率いる草野球チームで細々と奮闘中(グラウンドのラインを引いたり水を撒く係)。

新台導入カレンダー